ネイルの基礎知識

 

ネイルサロンへ行く前に、ネイルの基礎知識を知っておくとよいでしょう。

 

ジェルにもいろいろ種類がありますが、これは各ブランドメーカーの違いです。特徴があって、ソフトやハードタイプなどがあります。その人の爪にあったジェルを使うのが基本です。主流のひとつでもある、バイオジェルを使用するサロンは多いです。

 

激安のサロンでは、カルジェルやバイオジェルを使うことは少ないです。使用するジェルは爪の健康にも重要な内容ですから、サロンを利用するときには何のジェルを使用しているのかを聞いてみることです。

 

自分でもジェルのオフはできますが、できればサロンでプロにお願いしたほうが良いでしょう。オフの溶剤を使用してセルフで自己流のオフをすると、いずれは爪が薄くなってしまいます。無理やりはがすことで、爪もかけやすくなりますし、使用するジェルの種類でもオフの仕方に違いがあります。

 

ネイルを施してどれだけもちがいいかは、オフの状態がキレイかどうかも左右します。サロンでプロにオフしてもらうことで、爪の良い状態も維持しやすくなります。

 

サロンでネイルをしてから、ネイルを長持ちさせるコツがあります。ネイルがはがれやすくなりますから、施術前には柑橘系の果物を手で食べるのは控えたほうがいいです。オイルやハンドクリームなど、油分のあるものは塗布しないことです。サロンに行くまでの間に、無理やりジェルをはがさないことも大事です。

 

ネイルサロンでの施術後は、5時間から6時間ほどは、サウナや温泉は避けたほうがいいです。長持ちをさせるためにも、ハンドクリームやオイルを使用して、指先まで保湿をしましょう。シャンプーをする時には、専用のブラシで洗うようにすると、ネイルが剥がれるのを防ぐことができます。

 

ネイルをするにあたり、爪を強くする食事をするのもいいことです。健やかな爪を維持するには、食事は栄養バランスが大事です。健康な爪のためにはタンパク質をはじめ、豊富なビタミンやミネラルを摂取しましょう。爪や毛髪のメイン成分はケラチンであり、これはタンパク質の変化したものなので、タンパク質は重要です。