爪のお手入れしていますか?

 

爪のお手入れについて

 

 乾燥する冬には、肌は勿論手入れをします。手足はカサついてクリームなどを塗らないと、脂分か殆ど落ちています。女性の場合は、特にキッチンに立つ事が多いので、手荒れはかなり気になるものです。肌と同様に他の部分もやはり、乾燥しているのです。気づかないでいると、爪が割れたりしてしまう事は無いでしょうか。特に足の指の先などの爪は、余計に割れやすくなっていないでしょうか。つい、うっかりしていると、靴下に引っかかって爪を剥がしたりして、出血する場合もあります。

 

 手の指の爪は、調理の際に包丁などで、うっかり傷つけてしまい、いつまでも傷が取れないで、気になっていたりしてしまいます。セーターや衣類に引っかかったり、ストッキングを傷つけてしまったりと結構小さい傷でも厄介なものです。しかし、どう処置したら良いか分からず結構そのまま何もしないでいたりします。

 

 爪は体のバランスを知るバロメーターでもあります。体の健康状態が爪の色などに顕著に現れるものです。ピンク色に輝き艶の良い時は、体も問題が無く健康である証拠と言えるでしょう。逆に黒ずんでいたり、縦に筋が入っていたりする時は、まず、しっかりと栄養を摂ってバランスの良い食事と休息を心がけましょう。メンタル面でも気をつけておく事が何と言っても一番大事な事です。

 

 その上で、もし、爪にトラブルが発生したら、マニュキュアなどで、保護しておく事をお薦めします。
しかし、その場合、過度のネイルアートは返って、爪に負担をかける場合がありますので、あくまでも、保護程度に留めておきます。男性の場合は、無色透明の物をお薦めします。時折ラメが入っている物もあるので、気をつけて購入してください。マニュキュアは、入浴する際や水仕事の後には、剥がれやすいので、気がついたら、除光液で全部落としてから、塗り直すようにします。お手入れでも、ヤスリなどで表面をあまり磨きすぎないように気をつけましょう。保護を目的に塗るつもりで、マニュキュアを活用します。